SFAの導入は複数の観点に大きなメリットを与える

SFAを企業で導入致しますと、幾つもの観点からメリットが生れることになります。まず直接的なメリットが生まれる部分では、営業結果の日報を、デジタルによるメニュー方式で手早く仕上げることができる点です。これにより営業人員は日報作成に使う労力を、営業業務に回すことができるようになります。そして作成されたデータは社外からオンラインで提出することもできます。これは上長の観点から致しましてもリアルタイムで営業結果を知ることができる為、俊敏な指示や判断にも役立てられるようになります。一方、導入した企業という組織としての観点から致しますと、従来は各営業人員に依存していた営業手順や契約に至るポイントを明確に蓄えることが可能になりますので、結果的に将来的にも役立つ資産を確保することができるようになります。このようにSFAを導入することで、それぞれの観点に大きなメリットを与えてくれます。

SFAで得られる大きな効果

会社における営業活動では、卓越した一人の優秀な人材によって支えられるというケースもあるかも知れませんが、会社として考慮した場合では、やはり代替の効かない一人の個人にのみ依存することは憂慮すべきものでもあります。特にチームで臨む営業活動では、チーム内での情報共有と、各営業先で行われる営業活動の結果をリアルタイムで共有し合う環境も非常に重要になります。そこで注目に値する存在がSFAであり、このシステムを導入することで、営業チームでの情報共有を始め、人脈に対しましても共有することが可能になります。これは営業活動の流れをSFAが効果的に可視化することで得られる恩恵であり、更にオンラインによる情報共有が、これまでにないフットワークのある営業活動をもたらしてくれます。また、それらの営業データは全て保持することができますから、会社として未来の営業活動にも活用することができます。

SFAの導入メリットとは何か

SFAとは、企業等における営業活動をコンピュータシステムと専用のソフトを使って支援するシステムのことです。日本語では、セールスフォースオートメーションと言います。営業活動においては、顧客情報や、商談結果が営業マンの上司や営業本部にいち早く伝わり、それにより営業活動を見直したり、変更したりする必要が有ります。SFAが出現する以前は、企業における、営業活動は、営業マンの報告を受けてから、その後の活動展開が出来ました。タイムラグが避けられませんでした。セールスフォースオートメーションシステムでは、顧客との商談結果や、顧客からの商品に対する評価や、要求、要望等の情報や、営業マンの営業実績等の情報を営業マンは、携帯端末を使用して、リアルタイムで発信し、営業部は、その情報を即座に受け取り、営業部内でその情報を共有化できます。セールスフォースオートメーションシステムで営業活動すれば、営業マンは、携帯端末を使用して、商談の結果や、商談時の行き詰まり、問題点等を、SFAシステムを利用して、営業本部へ情報を送ることが出来ます。営業本部では、営業部内に情報の共有が出来るので、上司や、その他から営業マンへ指示やアドバイス等の支援が出来ます。仕事が早く処理できるようになります。情報の共有化が営業活動を効率的に行えるようにします。営業活動を早く、効率的に行うためには理想的なシステムと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*