営業支援システム、SFAとは?

SFAとは、SalesForceAutomationの略であり、営業活動などを支援するソフトウェアや情報システムの一種です。主に企業で利用されています。営業活動に関係する情報、見込顧客や既存の顧客についてのそれぞれを管理・記録することが出来ます。SFAをチーム内で利用することで、効率的に営業業務を進める事が出来ます。営業担当者個人に留まりがちな案件の進捗や顧客情報などを、常にチーム内で共有することが出来るのが特徴です。1990年台に米国で注目され、その年の後半からやがて日本でも広まり始めたのが始まりです。日本で導入され始めた当初は営業部門の管理ツールとして利用される事が多かったのが、その後はマーケティングデータとしても利用されるようになりました。近年では情報インフラの普及によって急速に普及が進み、現在は携帯などで管理できる営業支援システムも数多くあります。

営業をオートメーション化するSFA

現在のITソリューションの中には「セールスフォース・オートメーション」という営業支援に特化したシステムが存在します。これは通常「SFA」と呼ばれ、今では多くの会社で導入されております。このシステムはIT機器を使用することで、会社内の営業活動をアナログからデジタルに移行させるシステムです。オートメーションの名が示す通り、その目的の一つには、誰が営業活動を行っても安定した営業活動が行えることが狙いとなっています。例えばオフィスにおけるオートメーションでは、OAが早い段階から導入されておりますが、書類のコピーを誰が行ってもコピー結果が同じであるように、「SFA」は誰が営業活動を行っても同じ結果が得られることを主目的に開発されました。そして現在では顧客管理と連動するなど、それ以上の能力も持つようになっておりますので、更に魅力的な存在になっています。

SFAは営業の充実と売り上げを伸ばすことに有効

受注契約を確保するなど、営業活動は会社としての利益を生む上では欠かせない業務になります。その効果的な営業を支える要素は、各担当者のセンスや経験である場合が一般的でありました。しかしながらSFAという営業支援ツールが存在している現在では、それらの各担当者が持つ個別要素をデータベース化することにより、多くの社員で共有することができるようになっています。その為、会社としての営業を充実させて売り上げを伸ばしたい場合や、社内での情報を共有した上で営業活動に臨みたい場合などでは、SFAを導入することが解決策となる場合が多々あります。また、SFAは数多くのベンダーから供給されていますので、どのベンダーから提供を受けるかを検討することも重要になります。その為導入する場合では、まずは資料請求をして比較検討することが肝要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*