SFAをビジネスに活用する

様々な分野でIT活用が進められている今日ですが、SFAもその一つです。SFAとは、SalesForceAutomationの略で、日本語では営業支援システムと呼ばれています。その名の通り、営業活動を支援し効率化するシステムです。具体的には、顧客に関する情報の管理や商談の履歴、アポイントメントおよびスケジュールの管理や、各営業マンの行動や成果などを総合的に管理し、日々の営業活動に役立てることができます。また、個人による利用だけでなく、チームで情報を共有することにより良い効果を期待することができますし、情報をスムーズに可視化できるという点もIT活用の利点一つです。新しいシステムのメリットとデメリットを把握し、現在の組織においてどのように活用するかを考えて導入することで、更なるビジネスの活性化に繋がるでしょう。

SFAの基本機能とその利点

営業先を回る営業マンにとりまして、日報の作成や管理も大切な仕事になりますが、それは手間の掛かる作業でもあります。しかしながらその作業に多くの時間を割くことは、できれば避けたいことでもあります。そして、それらの業務に役立つ存在がSFAになります。SFAはパソコンを始めとしたIT端末を用いることで、日報作成を簡単に行えるようにアシストしてくれます。現在では多くの製品が提供されておりますが、日報作成機能は何れの製品にも共通する基本的な機能になります。更にSFAが素晴らしい点は、日報を作成するだけでなく、その管理にも長けていることです。例えば営業の進み具合を、視覚的に理解し易くする点もその一つです。その為外回りを行う営業マンだけでなく上司側におきましても、その把握が容易になりますから、部下に対して適切な指示や助言を与えられるようになります。

営業ノウハウを蓄積するSFA

今までの営業活動では、そのノウハウは個人が蓄積するものであり、それを他の営業マンに教えたり、あるいはチーム内で共有するということはあまり馴染みがないことでもありました。この為、そのノウハウを持つ営業マンが異動、あるいは退社した場合では、それまでの安定した営業活動がそこで途切れることもありました。それは会社の利益から見ますと決して望ましいことではありませんが、SFAの登場により、その事態が避けられるようになりました。SFAはスピーディーな営業日報の入力を支援し、そのデータの蓄積と閲覧に長けたITソリューションになります。これは営業の軌跡をそのままデジタル化し、日々蓄えることで営業ノウハウが蓄積されます。営業マンが異動あるいは退社した場合でも、そのノウハウが会社に残ることになりますので、次の営業マンはそれを受け継ぐことができます。

今月の着地見込を管理できていますか。行き当たりばったりな営業をしていませんか。SFAを利用してナーチャリングをしっかりとやりましょう。 同じところに複数回別々の担当から電話をしてしまったことはありませんか。SFAならよくあるミスを予防できます。 ネクストSFAはパソコンに不慣れな方でもすんなり使えるような使いやすさが特徴です。 SFAならネクストSFAというツールがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です